ホーム  > スポンサー広告 > 中生浪漫 > 未分類 > 中生浪漫

スポンサーサイト

--/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告

CM×  TB×

中生浪漫

2009/06/28(Sun)

最近アリオラムスには物凄くロマンがあることに気づきました。
アリオラムスと言うのはティラノサウルス科で頭に申し訳程度の角がついていた恐竜でして。
そのアリオラムスのロマンは部分頭骨と中足骨しか見つかってないと言うところですよ(
その骨格がある程度見つかってるというのももちろん大歓迎ですが逆に部分骨格しか見つかってないことはかなりのロマンだと思うんですがね。
以前このブログで紹介したデイノケイルスもそのロマンなんですよね。今では恐らくダチョウ恐竜だろうと予測されていますがあんな巨大の腕持ったダチョウ恐竜なんて物凄くバーサーカーじゃないすか(
このブログで前述したデルタドロメウスも何か中途半端な化石の見つかり方です。でもそこがいい(

話は変わりますが恐竜の中で一番巨大だと言われているアルゼンチノサウルスの復元骨格がどっかの博物館にあるらしいですね。まあ復元が雑だと言ううわさですが(
特に足の爪の復元が酷いらしいです。一般人より少し詳しい程度の情報量の俺が見ても こ れ は ヒ ド イ。
そもそもアルゼンチノサウルスは化石が少ないし、近縁のアンデサウルスも化石は決して多くないから仕方ないっちゃ仕方ないんですけどね。
それでも他のティタノサウルスの足を参考に出来たのではないのかなぁ・・・。
一応出来は微妙でも復元骨格は復元骨格なので他の復元骨格を待つのは出来ないだろうけどさ。

ちなみに今30mを越えるであろう恐竜で一番化石が見つかっているのがフタロンコサウルスです。ほぼ全頚椎と全胴椎は竜脚類にとっては大きな発見。
いつか日本に来るだろうか。

・・・なんか中途半端な終わり方でスマンね(

10:00頃追記
改めて見たけどアルゼンチノサウルスの骨格頚椎と尾椎はいいね(
スポンサーサイト

Category:未分類

CM(0TB(0

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。